SIDEBAR
»
S
I
D
E
B
A
R
«
嫌な記憶
5月 20th, 2014 by oushi

香りは記憶を呼び覚ますと言われています。
街で見知らぬ人とすれ違った時、その香りから懐かしい誰かのことを思い出したりしませんか。
優しい香りと共に、素敵な思い出が蘇る時は幸せな気持ちになりますが、
キツイむせ返るような香りだと、あまり良い思い出は蘇りません。
それは、選んだ香水が悪いのでしょうか。
いいえ、香水が悪いのではなく付け過ぎてしまったことが原因なのです。
自分の大好きな香りや、高級ブランドの香水でも、つけすぎてしまうと人を不快な気持ちにさせてしまいます。

よくラッシュ時の電車の中で、車両中に広がっているのではないかと思う程の香りを感じることがあります。
匂いに敏感な人は、頭痛や吐き気を感じてしまう場合もあるのです。
女性専用車両では、複数の女性が様々な香水を付けているため、その香りが混じり合い強烈なものになることもあり、
迷惑極まりない状態になってしまいます。
ギュウギュウ詰めの車内では逃げようがなく、目的の駅までの時間は非常に厳しいものになるでしょう。

また、付けすぎた香水は食事の邪魔にもなります。
せっかくのお料理から漂う良い匂いも全部打ち消され、楽しい食事のシーンが台無しになってしまうこともあるのです。

身に纏う香りは、言葉や行動を表さずとも周囲の人に自分自信を表現してくれるアイテムです。
お気に入りの香水が良い印象で相手に届けば、その人の心には香りと共に素敵な記憶として刻まれますが、
嫌な印象で届いてしまうと、残念ながらそのまま嫌な記憶として残ってしまうものです。
誰しも自分を良く表現したいから香水を付けているはずなのに、自分の匂いには気づきにくいもので、
ついつい付け過ぎてしまうことはあります。
デート前や大事なシーンの前なら尚更です。耳の後ろや首、手首といつもよりたくさん付けてしまっていませんか。
しかし、付けた香水が自分で感じられる状態なら、それは付け過ぎだと思って良いでしょう。
香りは下から上に上がってくるものなので、慣れないうちは膝の裏に付けてみて下さい。
自分では感じないくらいの香りの強さが一番効果的です。
自分で選んだお気に入りの香水を付けすぎが原因で嫌な香りにしてしまわないよう心がけましょう。

3ヶ月経たずしてお別れになった香水、ブルージーンズ
5月 20th, 2014 by oushi

高校時代、一時期ですが香水を集めていました。
見た目の瓶の形や細工がオシャレで可愛くて、
中に入っている香水の色とマッチして凄く綺麗だという理由がきっかけです。一目惚れでした。
主にファンタスティックな、魔法の小瓶を彷彿とさせる香水を選んで買っていました。
購入したものは棚に並べて眺めたり、ときどき香りを嗅いだりして楽しんでいました。

ブルージーンズを見つけたのは百貨店でした。
ガラス瓶に入っている香水以外あまり興味なかったのですが、
ブリキ缶に入っていることが新鮮だったのと、絵柄のユニークさに魅かれて購入しました。

家に帰ってワクワクしながら開けてビックリ、缶の中にはソーダが入っていました。いや、ラムネでしょうか。
ガラス瓶の形にがっかりしたのですが、少し考えてメンズ用ではないかと気付き、それなら仕方ないと納得しました。
できれば瓶の状態で棚に並べたかったのですが、他の香水と置くと浮いてしまい断念しました。
そこで缶に入れた状態でコレクションしてみたら、ミステリアスな雰囲気が感じられ問題は解決です。

試しに手の甲につけてみると柑橘系の香りがしました。残り香はヴァニラの甘い香りがしました。
ほのかにサイダーの香りもしたので、ボトルからして狙っているのかと思いましたが、
ボトルの形状のせいでそう感じただけかもしれません。
個人的には好きな部類に入る香りです。

どちらかと言えば、やはり男性向けの香りかと思いますが、女性がつければカッコイイ女性って感じがします。
それから、この香りならオールシーズンつけていても違和感がないなと思いました。

クラスの友人が遊びに来たとき、香水コレクションを見て1つだけブリキ缶だったので目立ったのでしょう、
ブルージーンズをテスターされました。そうしたら気に入ったらしく「いいねコレ」と言われました。
缶に入っていることや瓶もカッコイイと貰う気満々の友人は男性。
なんだかんだで、誕生日が近いという理由でプレゼントすることになりました。

ブランド香水メンズ
5月 20th, 2014 by oushi

メンズのブランド香水はいろいろありますが、私の好きなブランド香水を紹介します。「ヴェルサーチエロス オードトワレ」という香水はよく私が使っています。この香水は変性アルコール、香料、水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、サリチル酸エチルヘキシル、黄4という原料から作られています。ソフトでしなやかなラインにプリントされたモチーフと特別感あふれるデコレーションが特徴をつけていて、イタリアの地中海の要素とティアレフラワーがマリアージュすることでエレガンスで暖かみのある本物の香りを持っています。フローラル、ティアレ、ウッディ、ライム、フリージア、ティアレフラワー、トンカビーンズ、シダーウッドというまとまった香調で、触れることのできないほどのたくさんの花々のような香りがします。この香水は彼女とデートするときや大きなダンスパーティーに行くときという公式的なイベントには適切です。

一方、カジュアルなイベントは、「モンブラン レジェンド 」という香水をお勧めします。モンブランと言えば、筆記具のブランドですが、硬質な印象を与えるデザインが、まさにブランドイメージどおりです。クラシカルな印象のフラグランスです。この香水は爽快な香りの男性用フレグランスです。エレガンス、男性らしさと官能を兼ね備えています。ラベンダー、ベルガモット、パイナップルの葉、ゼラニウムがりんご、ばら、トンカビーン、サンダルウッドとハーモニーを奏でます。

この両方の香水は、両方の価格が5000円以下です。5000円以下のフラグランスは私自身でいうと、安いほうで、しかも高級なブランド香水です。しかし、本物のブランド香水メンズを探すなら、アバクロメンズの「フィアース」香水をぜひつかんだほうがいいです。この香水はブラッドピットや他国内外セレブが愛用の 大人気のファッションブランドの香水で神戸で人気のブランド買取店で低価格で販売されています。
す。まったくもっての少量生産で ぜんぜん入手できないメンズの香水です。女性ウケ抜群なセクシーフゼアがデートでその威力を発揮し、 そして仲間に強力なまでに大きく差をつけます。

»  Substance:WordPress   »  Style:Ahren Ahimsa